製品案内 Product

耐火材料(レンガ・モルタル・補修材・他)

補修材

モーパッチ

  • 高性能耐火補修材

 

  モーパッチ(MooPatch)シリーズ

 

 お客様のニーズが多様化する今日、鋳造工場の溶解現場においては、特に過酷な作業条件に加え、溶解効率はもとより柔軟性を出湯及び注湯管理を強いられ、耐火材の寿命がこれらを大きく左右しています。これらの現場において、MooPatchは安定した操業を補助し、ライニング、耐火物の寿命を延ばすことで数多くの実績を上げています。

 目的・用途により、取鍋修材・取鍋ライニング・坩堝炉補修モルタルなど各種材質を取り揃えております。

 

 

  • プラスチック耐火材

  「MP-95F、80、80M、80F、80FH、60、60S、60F,60FH、X1」

 

 低温加熱硬化性で、耐食性・耐摩耗性・耐スポール性に優れ作業性が良く、

 養生期間を必要としない短工期で補修が可能です。

 取鍋補修、坩堝炉補修、取鍋ライニング、スタンプ、パッチング補修などに適しています。

 アルミナ分が多いほど耐火度が上がります。また、目的に応じて粒度も選ぶことが出来ます。

 白色の粘土状で、木槌やプラスチックハンマーで、場合により手でも施工可能です。

 

  • 高接着高耐食性モルタル

  「AP-2000」

 

 各種のレンガの目地用、各種耐火物の接着、狭い隙間への充填剤、

 レンガ表面のコーティング、パッチング補修などに使用します。

 灰色の粘土状で、手又はコテなどを使用して施工します。

 

  • 品質面

   1.アルミナ質原料をベースに特殊バインダーを加える事により、

    適度な粘性(高作業性)と高い接着性をもつ。

   2.耐スラグ性のある原料が入っています。

   3.接着力重視の製品となっています。

 

  • 坩堝炉の補修の場合

   従来品は接着面が発泡することがあったが、本品は発泡もなく

   補修材の剥離が少ないため、安定した操業が期待できます。

 

  • 樋、取鍋に使用した場合

   接着だけでなく溶損防止、ノロ付き防止の効果も得られます。

 

  • レンガ補修の場合

   一般モルタルより高強度な構造体を得られます。

 

 

  • 特殊粉末状耐火材(モルタル)

  「MP-ZD」

 

 現場に合わせた粘度の耐火材が欲しい場合、溶湯の離形性を求める場合などに使用します。

 主な目的は取鍋及び樋補修、ライニング材の保護、モルタル、ノロ付着防止などに使用できます。

 粉体のため、現場にて水を加え良く混錬してから使用して下さい。

 

使用方法

 

  • 補修する部分を清掃後、本品を適量取り、補修箇所に埋め込みます。埋め込みは、手で行うかプラスチックハンマーで叩いても施工できます。
  • 硬くて施工しずらい場合は、水を少し加え練ってからご使用下さい。また、やわらかくて施工しずらい場合は、乾燥させて硬化してご使用下さい。尚、完全に硬化してしまいますと施工できませんので、納入後は早めのご使用とご使用後は必ず封して屋内暗所で保管して下さい。
  • 対象物への接着性が弱い場合、状況に応じて耐火モルタルを施工面に塗布後、本品をご使用下さい。
  • 施工後は乾燥、予熱してからご使用下さい。乾燥は施工後に急加熱をしますとひび割れ・剥離の原因になります。